主食置き換え(糖質制限)でマイナス10キロ達成

 私の昨年7月から2ヶ月実施したダイエットについて紹介します。
 当時の食事と体重をすべて記録してありますので、その一部を紹介します。
朝食は味噌汁と葉物の簡単サラダ
昼食は豆腐と納豆を主食と置き換えて、炭水化物(ご飯、パン、麺類)を抜く。おかずは糖質の少ない鯖、鶏肉、ブロッコリー等
夕食は豆腐1丁、納豆1パック等大豆製品とゆで卵。
以上の食事を続けました。
かなり無理のある内容に思えるでしょうが、効果はすぐに出ました。
 記録によりますと、初めて3日でマイナス3キロとなっています。1週間でマイナス4.5キロです。この間はひたすら精神力で乗り切った感があります。無理せずにできるダイエットとしていろいろ紹介されていますが、やはり多少の我慢は必要です、特に最初は。ですから最初にハッキリと効果を出してしまい、効果を実感することが大事だと思いました。
 単純に食事で調整するのが1番早く効果が期待できます。よく運動を推薦する方も多いですが、体を動かすだけで食事はそのままでは効果は期待できません。運動はあくまで体調を管理するために行うものと考えたほうがいいでしょう。私も筋トレを並行して開始しました。筋トレト言っても、腹筋運動、腕立て伏せ、スクワットを各10回程度です。実際にやってみると15分程度のものです。
 1週間我慢できれば、食事量に慣れます。それでもお腹が空いてしまった時は、ローソンのブランパンを買って間食に食べていました。ローソンのパンは糖質が記載されていて、ダイエットへの影響が少ないようです。
 2週間続けると、習慣化してきて、逆におかずに悩まなくて済むので、気楽になってきました。このとき開始からの比較でマイナス7キロです。
 1ヶ月ではっきりとお腹周りが細くなったのが自覚できるようになります。楽しくなって続けるのに苦痛がなくなりました。また、このころから周囲から「やせたんじゃない?」と外見の変化を指摘されるようになりました。こうなると嬉しくなってさらに頑張ろうという気になりました。結局私はほとんど停滞期も経験せずに2ヶ月でマイナス10キロを達成しました。
 この頃になると、食品の成分表示にも関心が行くようになっており、上記以外の食事をしたいと思った時でも、炭水化物や糖質量をチェックして自分で調整できるようになりました。
 私が実践して成功したのは、主食(炭水化物)を置き換えるダイエットでしたが、いわゆる糖質制限です。糖質制限は体にいいとか悪いとかとにかく賛否両論が多いですが、少なくとも私は2ヶ月でマイナス10キロを達成し、現在もキープできています。今は上記の食事に加え少しご飯を食べるようにしてますが、体重は増えていません。とにかく、体が軽くなり、疲れもあまり感じなくなりました。
 興味のある方、参考になれば幸いです。

About dskao34

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です